2008年7月 7日 (月)

2008 ウィンブルドン男子決勝

歴史に残る名勝負だった

この死闘は永遠に語り継がれるだろう

フェデラー2セットダウンという、私的には予想外の展開から入った今日の決勝。
ナダルが、とにかくナダルが凄かった。フェデラーにフェデラーのテニスをさせなかった。どれだけ研究し、どれだけ対策を練ってきたのだろうかと思うほど、徹底的に良い攻め方をした。

が、3セット入ってデュースでの雨の中断。ここからフェデラーが少し復活した。ストローク戦ではなく早く早く攻める展開を始めて、そしてタイブレーク。ここで落としたらこのままストレートでナダルに負ける!その土壇場で、フェデラーの神掛かりプレーが炸裂した。

そして4セット目のタイブレーク。

あのタイブレークで、私を含め一体何万人の世界中のテニスファンが涙を溢れさせただろうか。

芝の王者としての誇り。ギリギリでも、本当にギリギリでも、その胸に孤高の誇りを抱いてフェデラーは戦った。ただ凛と、集中力を切らさずに。
見ていた人は全て身体を震わせただろうと思う。あまりに気高くて、あまりに愛おしくて、あまりに筆舌に尽くし難い死闘。

そしてファイナルセット。

ここ一番で、スタミナお化けのナダルの神掛かりプレーがあった。私は、あのプレーが大きなうねりとなると思った。そしてフェデラーはそれに飲まれた。
フェデラーはずっとギリギリだった印象がある。でも、ナダルはそうじゃなかった。粘り強い精神で粘り強いテニスを、驚異のスタミナでずっと続けていた。そんな印象。
解説さんがナダルの勝因のひとつに「躍動感」という言葉を使っていたが、そうだなぁって思う。静と動の対決だったと思う。鋭さと粘っこさ。蒼と紅って感じだった。

嗚呼、愛しているわ。愛しているわ。

ナダルもフェデラーも愛しているわ。夢にまで見ただろうトロフィーを愛しそうに大切に抱えるナダルを愛してるわ! 悔しさで真白になりそうなのに気丈にも最後までフェデラーであり続けたフェデラーを愛しているわ。

また来年待ってる。フェデラーはもっと強くなっていると思う。ナダルももっと強くなっていると思う。良かった、最後に「また帰ってくる」ってフェデラーが言ってくれて。良かった。

また来年。私は胸にこの愛に抱いたまま待っている!!

| | トラックバック (0)

2008年7月 6日 (日)

2008 ウィンブルドン女子決勝

ビーナスおめ。

解説がセレナ贔屓なような気がしていや実際贔屓していたと思うが、それが気になったが、でもとても良い試合だった。結果ストレートだけど、濃かったなぁ。
一度第一セットでセレナが何か口走って何か妙な具合になってしまったが、ビーナスが終始淡々とやってた。
それにしても、女子とは思えぬ試合だったなー。
ボールを叩くラケットの音が凄いもん。サービスは勿論ストロークの早さも力強さも凄いし。

明日は男子決勝。
今日は早く寝る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 5日 (土)

ウィンブルドン2008 男子準決勝

年に一度の私の大切な大切なお祭りが、ぐーだらしていて気付いたら準決勝になっていた。私の祭りがぁあああ!!!
私のエナンはどうしたんだろ。どこで消えたんだ。

ま、良いや。とにかく今日の男子準決勝。

フェデラー対サフィン

まぁ、今年も私のフェデラーはお強いですから、何をどうしてもお強いですから、鬼ですから、サフィンがどこまで楽しくしてくれるか、なんて寝そべって見ていたら、うーん。
フェデラの調子がそこまで良くなかった。ような。本人はそんなことないみたいだけど。
でもやっぱフォアの調子もあるけど、全体的にこう、私が惚れこんでいる、フェデラーだけが持っている「この人のテニスは芸術」というプレーがなかった。こう、目が覚めるような、鋭く抉ってくる才能の閃光というか、圧倒的なまでに私をブン殴る歓喜なまでの至上のセンスというか、自分で書いてて自分でいい加減な言葉遣ってると今笑っているんだけど、まぁあるじゃんそういうのがフェデラには。でもまぁ、そういうのは決勝で見れれば良いか。
サフィンはまぁ、予想通りだった。
サフィンだって勿論強いけどさ、ブレイクできなきゃ勝てないんだよね。

ナダル対シュトラー
公式サイト見たらシュトナーとかシュトラーとか書いてある。放映中には確かシュットラーって書いてあったような。まぁ良いけど。ウィリアムズ妹のセレナだってセリナだったりセリーナだったりするしね。うん何でも良いんだ。
で、第一セットのあっけなさから、なんちゅーつまらん試合なんだとちょっと困ってしまったのだが。公開レイープというか公開虐殺なのー?みたいな。
んが、シュトラーが第二セットで気持ちを切り替えてくれて一気に面白くなった。私は初めてこのシュトラーという人を見たような気がする。
何と言うか、クセのないテニス?をする人なのだなぁと。いや私テニス遊びでしかやったことないので実際分からんのですが、でも何か特徴ないじゃないですか。素人の私みたいなのが覚えやすい特徴が。
第一セット見てた時は、やる気あんのか?とも思ったが、第二セットに入ってからはシュトラーという選手が面白くて、よく観察してみたんだが。なんかやっぱり渋い人だった。恐ろしいほどのキレがあるわけでもなく、やたら恐ろしいサーブがあるわけでもなく、決まった形はなくて、でも良い。何か上手い。色んなことが出来て、前に出てみたり裏をかいてみたりしてナダルのペースを崩して。気持ちも途切れることなく、セット落としてもマッチポイント迎えても頑張ってくれた。経験を生かした良い選手なんだなーって思った。
コーチも良いよね、何だか愛があってさ。

で、私のナダル。

私のナダル、今回はバナナ食べなかった!

靴は変えてたけど。相変わらず水の位置とか妙に気にしてたけど。相変わらず忙しなくタオルで汗拭いてたけど。相変わらずたまにヘンチクチンなフォームでフォアを打つけど。

でも今回、靴下を気にしてなかった。靴下気にするのやめたの?サーブの前の、くっそ長いルーティーンも短縮されてて短くなってたような気がする。
嗚呼、でも好き。バナナ食べて喉に詰まらせたナダルを愛しているわ!

決勝はフェデラとナダルという理想の組み合わせ。
私は相変わらず両方愛しているのです。

全てを薙ぎ倒す芸術的センスを持つ、心から美しいと思えるテニスをし、時折意味ワカンネ的神がかりショットを放っては私に「こいつはリャンハン縛りにしろ」と突っ込まれるフェデラー。
試合中にバナナを喉に詰まらせ、いっつもケツに食い込むパンツを気にし、全くもってクセのあるフォームと驚異的スタミナと意味不明的なフットワークで面白テニスをするナダル。

どっちが勝っても嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年7月 5日 (木)

ウィンブルドン2007

モレスモ。去年の優勝で兄貴から乙女に変身してしまう悪癖を克服したかに思えたが、そうではなかった。相変わらず波が激しいんだよなぁ。バイディソバは私は去年もこの子の根性誉めしてたんだよね。気も強そうやし、根性もありそうやしって。去年より経験も積んでいることだろうから、期待したい。
ハンツコーワは・・・。対鬼の浅越戦が未だに私の脳裏に焼きついているのだが、変わってないなぁ。メンタル本当に弱い。

今日の感想

ウィンブルドンの神から徹底的に嫌われているとしか思えない程、雨に邪魔されまくったナダル。それでも勝て、それでも勝利しろ!そのくらいじゃないとウィンブルドンで鬼のフェデラーには勝てはしない!!と強く願い続けていたら、本当に勝ってくれた。
スケジュールがかなり厳しいが、スタミナお化けの真髄を見せておくれ。バナナ!

ビーナス・シャラポア戦。
超ノッポ対決。いやー、私は最初はシャラポアが勝つと思ってたんだけど、ビックリした。今日のシャラポアの動きの悪さに。あんなキレが悪いんじゃ、妙に調子の良いビーナスに勝てないわなぁ。2セット目の何度も何度も続いたデュース辺りからシャラポアの動きも気合も良くなってきたが、今日は運もなかった。
毎年言っているが、シャラポアはとにかくブチギレてからが強い。この子のメンタル面はピカイチである。しかし、今日はビーナスが良かった。今日のビーナスはキレがあった。
シャラポアよ来年までサラバじゃ。

我が愛しのエナン・セレナ戦
ほっそり体のエナン対ごんぶとムキムキむちむちセレナ対決。
物凄く余計なお世話だがセレナは少し痩せた方が良いんじゃないかな。動きがやっぱ重いわ。一緒にビリーしようぜ。それと今日のアナはなんだったんだ。間違えすぎじゃ。雨の中断が多くて緊張の維持が難しいのはアナも選手も一緒だろうが、今日はちょっと間違えすぎだぞ。ブレイクをキープって言ったり。
で、試合の方だが。
これは事実上の決勝戦じゃないのか?
と思えるくらいの高レベルの戦いだった。スピードとパワーが他の女子選手とはケタ違い。なんだこの試合は。
セレナのクソ重そうな球をまたエナンも片手で返すもんなぁ。エナンの腕は確かに物凄いことになっているのだが、しかしそれでもすげーわ。
エナンのファーストが酷い有様だったのだが、それでも勝てたのはエナンの上手さと、時々よく分からんところで出るセレナのミスだったと思う。追い込まれたセレナがガンガン気合入れて集中してきた時は緊張したが、エナンはそれに飲み込まれずよく頑張ってくれた。
本当に良い試合だった。セレナ、お疲れさま。来年待ってるぜ。

それとエナン、次の試合までファーストサービス調整しといてくれよー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 3日 (火)

ウィンブルドン・駅弁食べたい

ウィンブルドン、森上が物凄く良いところまで行ったのにビーナスに負けてしまった。惜しかったなぁ。土曜日は覚醒したのか?と思うほどのショットが炸裂していたのに、雨でサスペンデッドになってしまい、しかも日曜はミドルサンデーで休み、この空白が痛かったか。ビーナスの調子は別によくなくダボもしまくりだったのにも関わらず、ここ一番で森上がポイントを取れない。2セット目をすんなり取れなかったってのが良くなかったな。
でも良い試合だった。森上には来年期待したい。

今の所、ティプサレビッチとゴンザレスのゲームが一番面白かった。今日のエナンはイマイチだったな。ナダルの姿がなかなか見れないので残念。早くバナナ食ってる所が見たい。

駅弁の話。
昨日の夜中にやたら腹が減り、なんか美味いものを喰いたいものだぜ・・・と思いながらネットをウロウロしていたら駅弁が目についた。そして思わず朝まで駅弁サイトを巡ってしまった。
私は駅弁が好きだ。クリスマスに崎陽軒のシウマイ弁当を食うくらい好きだ。金沢にいた頃は、富山のますのすし、越前かにめし、焼きかにめし、金沢の能登和牛弁当、米原のステーキ弁当、この辺りが大のお気に入りであった。神奈川に来てからはずっと崎陽軒ばかり食べているが、昨晩駅弁サイトをずっと眺めていたせいで駅弁の旅にでも出たくなってきた。

今一番興味がある駅弁。
富山氷見駅のぶりかまめし。これは絶対食べたい。評判も相当なもの。
越前ちゅんちゅんかにめし。越前かにめしが好きなので。
米原の湖北のおはなし。有名らしいが全然知らんかった。
今治の鯛めし弁当。私の知っている鯛めしとは全く違うらしい。是非食べたい。松山の醤油めしも名高いが私は鯛めし。
番外として駅弁ではないが、名古屋高島屋にある「みわ屋」の飛騨牛ひつまぶし。私は飛騨牛至上主義者(過激派)なので、この弁当は是非食べたい。みや屋お品書き

ところで、私が昨日見ていた駅弁サイトでは、駅弁原色図鑑-新幹線駅弁制覇中こちらが一番面白かった。画像がふんだんに使われていて、駅弁の外装から駅弁のロング、ズーム、その他(添加物の表示までちゃん写している)と非常に丁寧に画像を載せて説明されている。駅弁のおかずズーム見ていると涎が出まくる。
因みにこちらで絶賛されている三島駅のおおね御膳も食べてみたいものだなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2007年6月25日 (月)

そして今年もウィンブルドンが始まる

毎年恒例の私のお祭りがやってきました。
これが終わるまで、私の生活はウィンブルドン中心に回っていきます。
男女ともに第一シード第二シードの選手に注目しまくりながら熱視線を送りまくろうと思ってます。
特にフェデラーとナダルに熱視線。フェデラーが今年も優勝したら、「鬼のフェデラー」と呼ぶのをやめて「鬼神フェデラー」と呼びます。私の心の中だけでですけど。
ナダルがバナナを食べるところも楽しみにしています。私は忙しないナダルが好きなのです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月10日 (月)

ウィンブルドン2006 男子決勝

フェデラー優勝おめでとう!

フェデラーは1セットから飛ばしまくってて、いやはや凄かった。ファーストサービスの入りの良さが半端ないし、ナダルが全く何もできないまま6-0で終わった。ここまで一方的になるとは思わなかったなぁ。
そらフェデラーの方が分があるとは思ってたけど、フェデラーはナダルにはちょっと特別な意識…苦手意識のようなもの…があるかもしれんと思ってたし、ナダルが調子に乗ると怖いからなぁなんて思っていたのだが。
いや、フェデラーは強かった。ストローク合戦でナダル相手に負けないってのが凄い。ナダル押されてたもんな。んでナダルは調子を出せず、フェデラーは集中を切らさずそのままいった。

2セットはナダルがすぐにブレイクしたものの、結局タイブレイクで落とした。あれが痛かったな。でも3セットで同じくタイブレイクでナダルが取った時は、まだ分からん!って思ったんだけどなぁ。フェデラーのミスがあったし、ナダルは良いショットだったし、調子出てきたっぽかったし。
でもフェデラーは何にも焦ってなかった。というか、感情を完全にコントロール出来てた。4セット目に突入しても、いつもの淡々と鬼のフェデラーだった。
いやぁ、本当にかっこ良かった!
まだ若いナダルがこれからどこまで芝に対応してくるか分からんけど、芝のフェデラーの強さは異常だなこれ。

さて、私の毎年のお祭りであるウィンブルドンがついに終わりました。
今年も楽しかったです。今年も生活リズムがグチャグチャになりましたです。今年はサッカーもあったからなぁ。
さあ、明日からは(というかこれから始まるサッカー決勝戦が終わったら)、真面目に生きよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 9日 (日)

ウィンブルドン2006 女子決勝

モレスモおめでとう!!

私は勿論エナンを応援していたけれども、良い試合だったので面白かった。
1セット目がモレスモの調子が悪かったので、こりゃ一方的な展開か?と思ったが、2セット目になってからモレスモが覚醒した。そして最後まで自分をコントロールした。
一方エナンは、2セット目からミスが多くなった。身体のキレも落ち、良い場面が何度もあったけどどうも波に乗り切ることが出来なかった。

2セット目になってから急に面白いラリーなんかも出てきて、とても見応えがあったなぁと思う。モレスモの勝ちが見えてくるにつれて乙女に変身するんじゃないかとドキドキしていたが(私はエナンを応援していたがモレスモが乙女になるのは嫌だった。モレスモも好きだから)、最後まで弱気にはならなかった。最後のゲームにも素晴らしいサーブがあったし、良かったよ本当に。

面白い試合だったと思う。モレスモ兄貴おめでとう。エナン、来年こそは生涯グランドスラムだぜ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 8日 (土)

ウィンブルドン2006 男子準決勝

フェデラー対ビョルクマン
フェデラーがビョルクマンに何もさせないまま終わった。なんと1時間17分で終わったらしい。フェデラー美しいよフェデラー。強いよフェデラー。

ナダル対バグダティス
バグダティスはヒューイット戦で素晴らしいサーブを打っていたので、あれが来たら面白くなるなと思っていたのだが今日はサーブはちょっと不調。でもダボは2個くらいしかなかったけどね。
身体は大きいがよく動くし、なんというか、愛嬌があるので思わず応援してしまうタイプの選手だ。正直、30代に見える風貌なんだけど、笑顔が可愛い。お口がゆるい子のようで、よく口をぽけーっと開けているのもなんか面白い。
ただ、まだまだ成長期?なのか、もうひとつ何かが足りない。相手が強烈に個性的なテニスをするナダルだから余計そう思えたんかもしれんけどね。波に乗れば凄そうだなとヒューイット戦を見て思ったけど、まぁまだ若いのでこれからさ。
観客は(テレビカメラも)全体的にバグダティス側についてたんだけど、そんなの意に介さないナダルのメンタルの強さが凄かった。追い込まれてもそっからがナダルの本領発揮。驚異的な精神力だ。
ナダルが気にするのは、ボールボーイから貰う3つのボールをどう選ぶかと、ジュースの位置やタオルの位置であって、観客なんかはどうでも良いのかもしれん。凄いなぁ。

男子決勝はナダル対フェデラーに決定。これは面白い。芝の王者フェデラーが芝に馴染んできたナダルをどう迎え撃つんだろうか。良い試合になりそうだ。
とりあえず私が分かるのは、ナダルは一杯バナナを持っていくだろうってことだけだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 7日 (金)

ウィンブルドン2006 女子準決勝

エナン対クライシュテルスはエナン勝利。今日は外出していたので最後の方からしか見れなかったけど、エナン好きだよエナン。私のエナンカッケーよエナン。エナンは私のものだよエナン。エナンラヴ。エナンと結婚したい。

で、モレスモ対シャラポア。
正直に言って、モレスモが勝つとは思わなかった。
モレスモはかっこいい。顔も身体もカッコイイ。特に私はあの鍛えられた美しい身体が大好きだ。本当に鍛えられていて、一部ではモレスモは兄貴と呼ばれているほどだ。
ただ、モレスモは過去、兄貴状態からから乙女に変身するパターンが多すぎた。急に弱気になり、相手のペースに一方的に飲まれてしまう。そこから立ち直ることができない。
一方シャラポアは弱気になるどころか、追い込まれると一人で勝手にブチ切れる。そしてそこからが強い。物凄い強気で、力を入れすぎて自爆してしまうパターンもあるが、基本的にはブチ切れてから本領発揮するタイプだ。
どう考えても、シャラポアはモレスモの苦手なタイプに見えた。
良い試合になるも、シャラポアがブチ切れ、そのペースにモレスモが嵌ってしまって乙女になってしまうと思った。

しかし、今日のモレスモは違った。
ちょっと乙女に変身しそうになったけど、よく頑張った。本当によく我慢した。
今日もいつものようにシャラポアが途中でブチ切れた。独り言が多くなりガットをイジイジしながら集中力を高めたまに何かを睨みつけ、アウトになってもなっても厳しいコースに思い切って打ってくる捨て身の攻撃をする、いつものキレてからのシャラポアになった。
しかしモレスモは乙女にならなかった。
攻撃的だったとは思わない。でも、「受身になってシャラポアのペースに嵌る」ことはしなかった。
後半はゲームの度にデュースになってもつれた。でもモレスモは粘り強く頑張った。そして、シャラポアに勝った。
モレスモとエナン。決勝はどっちが勝ってもウィンブルドン初優勝。
私はエナン大好きでたまらないのでエナンを応援するが、決勝は

男前対決である。片手バックハンド対決でもある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)