« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月18日 (金)

しらす丼に天啓

私は食うことが大好きなので、ちょくちょく外食に行く。それでもって、この年になって、これだけババァになって、ようやく分かった。
うちでメシ食うのが一番美味いと。鰻、鮨、蕎麦など特殊なものは除けば、自分で自分好みの味付けした方が良い。ミートソースとか特にそう。
うちさ、新しい炊飯器買ったでしょ。そん時強く思ったのよ。このくそうめーゴハン、このごはんに勝るごはんを出す店って、どんだけあんの?って。ないのよ。ないの。数えるほどしかないの。うちのごはん美味しいから。
肉は良いんだよね。私だてに飛騨牛至上主義者(過激派)名乗ってるわけじゃないから、美味い飛騨牛を安く手に入れられる店知ってるから。いやそれでも高くて滅多に食べないけどさ。んじゃ魚はどーかってと、これが難しい。どこで何食べても、能登で食った黒鯛を超える魚なんかありゃしねぇ。鮨と鰻以外ならその辺の店で金出すだけアホらしい。魚介の居酒屋とか本当に金の無駄。二人で1万とかアホかと馬鹿かと。そんな金使うなら静岡まで行って天然鰻食いに行くわい。
そうなの。なんで急にそんなこと言い出したかってーと、先週末に行ってきたのよ鰻食いに。いややっぱ美味しかった。最高でした。んでさ、鰻食った後は必ず沼津のお土産屋に寄るのね。決まった店があってさ。何かボロくてあんまパっとしない店なんだけど、良いもん置いてあんの。おばちゃんの感じも良くてさ。まぁそこで毎回アジの開きとシラスを買うのね。んで、毎回シラス丼を作るのよ。

んで、一昨日もしらす丼作って食べたんだけどさ。
もう何これ。
マジで何これ。
なにこの天上界の喰いモンみたいなもん。

思わず天啓を受けたよ。あたくしめは天啓を受けたよ。

しらす丼で。

いや毎回受けるんだけどね、天啓。うちでそのしらす丼喰う度に。
つまり、今日の日記のまとめはアレだ。マダム村樫が作るミートソースとしらす丼は絶品ってこと。特にしらす丼はすげーよ。皆に食べさせたいよ。

■しらす丼の作り方■
臭くないカマで炊いたごはんを盛る。
マジハンパねー美味しらすを贅沢にぶっかける。
めんつゆをかける。醤油に非ず。めんつゆは市販ので良い。濃縮ので良い。
ゴマをふりかける。
青じそを刻んだのを少しふりかける。
刻みのりを好きなだけ。
気分で丼の端っこにワサビをつける。
熱いうちに泣き叫びながら喰う。

| | トラックバック (0)

2008年7月14日 (月)

疾走ドラム・神ドラム

東京事変の曲で遭難ってのがあるんだけど、この曲凄いのよ。ドラムが。すっごい気持ちイイの。最初Dさんに「この曲良いよ」ってオススメされて聴いたんだけど、ドラムの凄さに気づいてからすっごいこの曲にはまって、聴く度にドラムばっか聴いちゃうんだ。
なんていうか、すっごい疾走感があんの。後半から特に美しい嵐のようなタイコ。駆けていくタイコ。本当に気持ちが良い。大好き。
個人的にこの曲のタイトルは「遭難」じゃなくて、「タイコの疾走」とか「ずっとタイコのターン」とかにして欲しい。

で、ドラムの話。

シングルストローク最速でギネスにも載ってるMikeMangini動画。この人本当に面白い。すっごい「陽」って感じ。他の動画もチョクチョク見たけど、言葉にできないような独特さ。ドラマーって言うんじゃなくて、タイコ。この人きっと前世はタイコ。そういう種類の天才。
あまりにも手足全部バラバラで、脳が四分割されているかバラバラすぎて意味が分かんない。

ドラムに興味ない人は、3:14くらいから見てね。雑誌持ち上げた頃から手品みたいなのが始まります。つか片手でこのストロークって意味分かんないんですけど。いつの間にか手変わってるし!!! その後、千手観音。この残像、もう笑うしかない。

Johnny Rabb。この人大好きだー。この人本当に美しいなーって思う。この人は前世タイコタイプじゃなくてドラマー。生粋のドラマー。天才。神。

ドラムに興味ない人は、ああでもずっと凄いんだけどぉおおお。うーん、7分からの3分間でどうでしょう。9分入ってからも凄いよ。

音楽ってこんなに自由なんだーーー!!!って思うよ。

うん、音楽って自由なんだよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 9日 (水)

拒絶

拒絶!

んー、大好きな言葉。

いらない、興味ない、必要ない!

んー、何か知らんが満足した!

今日も元気だビバビバ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 7日 (月)

2008 ウィンブルドン男子決勝

歴史に残る名勝負だった

この死闘は永遠に語り継がれるだろう

フェデラー2セットダウンという、私的には予想外の展開から入った今日の決勝。
ナダルが、とにかくナダルが凄かった。フェデラーにフェデラーのテニスをさせなかった。どれだけ研究し、どれだけ対策を練ってきたのだろうかと思うほど、徹底的に良い攻め方をした。

が、3セット入ってデュースでの雨の中断。ここからフェデラーが少し復活した。ストローク戦ではなく早く早く攻める展開を始めて、そしてタイブレーク。ここで落としたらこのままストレートでナダルに負ける!その土壇場で、フェデラーの神掛かりプレーが炸裂した。

そして4セット目のタイブレーク。

あのタイブレークで、私を含め一体何万人の世界中のテニスファンが涙を溢れさせただろうか。

芝の王者としての誇り。ギリギリでも、本当にギリギリでも、その胸に孤高の誇りを抱いてフェデラーは戦った。ただ凛と、集中力を切らさずに。
見ていた人は全て身体を震わせただろうと思う。あまりに気高くて、あまりに愛おしくて、あまりに筆舌に尽くし難い死闘。

そしてファイナルセット。

ここ一番で、スタミナお化けのナダルの神掛かりプレーがあった。私は、あのプレーが大きなうねりとなると思った。そしてフェデラーはそれに飲まれた。
フェデラーはずっとギリギリだった印象がある。でも、ナダルはそうじゃなかった。粘り強い精神で粘り強いテニスを、驚異のスタミナでずっと続けていた。そんな印象。
解説さんがナダルの勝因のひとつに「躍動感」という言葉を使っていたが、そうだなぁって思う。静と動の対決だったと思う。鋭さと粘っこさ。蒼と紅って感じだった。

嗚呼、愛しているわ。愛しているわ。

ナダルもフェデラーも愛しているわ。夢にまで見ただろうトロフィーを愛しそうに大切に抱えるナダルを愛してるわ! 悔しさで真白になりそうなのに気丈にも最後までフェデラーであり続けたフェデラーを愛しているわ。

また来年待ってる。フェデラーはもっと強くなっていると思う。ナダルももっと強くなっていると思う。良かった、最後に「また帰ってくる」ってフェデラーが言ってくれて。良かった。

また来年。私は胸にこの愛に抱いたまま待っている!!

| | トラックバック (0)

2008年7月 6日 (日)

2008 ウィンブルドン女子決勝

ビーナスおめ。

解説がセレナ贔屓なような気がしていや実際贔屓していたと思うが、それが気になったが、でもとても良い試合だった。結果ストレートだけど、濃かったなぁ。
一度第一セットでセレナが何か口走って何か妙な具合になってしまったが、ビーナスが終始淡々とやってた。
それにしても、女子とは思えぬ試合だったなー。
ボールを叩くラケットの音が凄いもん。サービスは勿論ストロークの早さも力強さも凄いし。

明日は男子決勝。
今日は早く寝る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 5日 (土)

ウィンブルドン2008 男子準決勝

年に一度の私の大切な大切なお祭りが、ぐーだらしていて気付いたら準決勝になっていた。私の祭りがぁあああ!!!
私のエナンはどうしたんだろ。どこで消えたんだ。

ま、良いや。とにかく今日の男子準決勝。

フェデラー対サフィン

まぁ、今年も私のフェデラーはお強いですから、何をどうしてもお強いですから、鬼ですから、サフィンがどこまで楽しくしてくれるか、なんて寝そべって見ていたら、うーん。
フェデラの調子がそこまで良くなかった。ような。本人はそんなことないみたいだけど。
でもやっぱフォアの調子もあるけど、全体的にこう、私が惚れこんでいる、フェデラーだけが持っている「この人のテニスは芸術」というプレーがなかった。こう、目が覚めるような、鋭く抉ってくる才能の閃光というか、圧倒的なまでに私をブン殴る歓喜なまでの至上のセンスというか、自分で書いてて自分でいい加減な言葉遣ってると今笑っているんだけど、まぁあるじゃんそういうのがフェデラには。でもまぁ、そういうのは決勝で見れれば良いか。
サフィンはまぁ、予想通りだった。
サフィンだって勿論強いけどさ、ブレイクできなきゃ勝てないんだよね。

ナダル対シュトラー
公式サイト見たらシュトナーとかシュトラーとか書いてある。放映中には確かシュットラーって書いてあったような。まぁ良いけど。ウィリアムズ妹のセレナだってセリナだったりセリーナだったりするしね。うん何でも良いんだ。
で、第一セットのあっけなさから、なんちゅーつまらん試合なんだとちょっと困ってしまったのだが。公開レイープというか公開虐殺なのー?みたいな。
んが、シュトラーが第二セットで気持ちを切り替えてくれて一気に面白くなった。私は初めてこのシュトラーという人を見たような気がする。
何と言うか、クセのないテニス?をする人なのだなぁと。いや私テニス遊びでしかやったことないので実際分からんのですが、でも何か特徴ないじゃないですか。素人の私みたいなのが覚えやすい特徴が。
第一セット見てた時は、やる気あんのか?とも思ったが、第二セットに入ってからはシュトラーという選手が面白くて、よく観察してみたんだが。なんかやっぱり渋い人だった。恐ろしいほどのキレがあるわけでもなく、やたら恐ろしいサーブがあるわけでもなく、決まった形はなくて、でも良い。何か上手い。色んなことが出来て、前に出てみたり裏をかいてみたりしてナダルのペースを崩して。気持ちも途切れることなく、セット落としてもマッチポイント迎えても頑張ってくれた。経験を生かした良い選手なんだなーって思った。
コーチも良いよね、何だか愛があってさ。

で、私のナダル。

私のナダル、今回はバナナ食べなかった!

靴は変えてたけど。相変わらず水の位置とか妙に気にしてたけど。相変わらず忙しなくタオルで汗拭いてたけど。相変わらずたまにヘンチクチンなフォームでフォアを打つけど。

でも今回、靴下を気にしてなかった。靴下気にするのやめたの?サーブの前の、くっそ長いルーティーンも短縮されてて短くなってたような気がする。
嗚呼、でも好き。バナナ食べて喉に詰まらせたナダルを愛しているわ!

決勝はフェデラとナダルという理想の組み合わせ。
私は相変わらず両方愛しているのです。

全てを薙ぎ倒す芸術的センスを持つ、心から美しいと思えるテニスをし、時折意味ワカンネ的神がかりショットを放っては私に「こいつはリャンハン縛りにしろ」と突っ込まれるフェデラー。
試合中にバナナを喉に詰まらせ、いっつもケツに食い込むパンツを気にし、全くもってクセのあるフォームと驚異的スタミナと意味不明的なフットワークで面白テニスをするナダル。

どっちが勝っても嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年7月 3日 (木)

反動がきた・占い師に見てもらった!

ぐずぐずといつまでも海底に向かって怨嗟の言葉を吐き続けイイ加減自分でもどんだけ長いグーダラ病だよって突っ込んで文句を言っていたら、昨晩辺りから唐突にその反動がきた。

世界が美しいィイイイイ!!!!

イツビュティホデーーーーー(フレディの声で)

日常だ。これぞ日常! 浮かんでは沈み、沈んでは浮かび、人の無理解と想像力のなさに憎しみと絶望と愛情を抱き、挨拶と和やかなコミュニケーションを取るための言葉を綴り、私は猫を愛し続ける。理想的だ。理想的な日常。
愛してるわ!
徹底的に破壊的に!
でんでん虫とかアジサイとかひまわりとか、雲とか空とか、そういうものを!!
良かった、楽観主義者で!
良かった、他人なんてどうでも良い性格で!

そう言えばさ、叔母の店に来る占い師に私の名前と生年月日で占ってもらったのよ。
この人ね、占い師じゃないの。本業は。本業は、なんと不動産屋さん。女の人ね。
「私趣味で占いやってんのよー」って人。趣味だから無料なの。色んな人を一杯見たいんだって。
よく当たるし面白いって聞いてたから見てもらったらさ、うん確かに面白かった。
父親との確執を思いっきり指摘されたりね。うん、まぁそれは良いんだけど、一番面白かったのは、

「村樫井諸さん(仮)は、自分と結婚します」

って出たのよ。なにそれww
たまーーにいるんだって。この手のタイプ。
でもほんと、私は私と結婚するんだよね。自分としかできないんだよね。だから、思いっきり当たってるんだよね。お母ちゃんにも叔母ちゃんにもここで大笑いされた。「確かにアンタの結婚相手はアンタだよね」って。

良かった宿命的に完結した世界を持ってて。
私の世界は揺るがない!そんな自分に痺れる!プww

イツビュティホデーーーーーーィ(フレディの声で)

| | トラックバック (1)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »