« 村樫逆転勝利の雄叫び・北海道物産展再び | トップページ | メロン魔女大戦3 最終章 »

2007年9月28日 (金)

モノノ怪 化猫大詰め 最終回

モノノ怪終わってしまった! 
是非毎年夏には1クールで良いからやって欲しいなぁ。
そして東映はDVD購入者限定の天秤さんをもっとどうにかしてくださいっ。2巻3巻買わないと特典つかないなんて。しかもカード払いできないって何だよもう。

モノノ怪の化猫は結構ストレートできました。Bパートで驚く部分がひとつもないという、このシリーズには珍しい直球具合だった。
以下感想。

ネタバレ感想要注意

最初の「やっかんでいるんじゃないですか」とか言い出した時点で駄目だこの女とは思ったが、もう典型的な駄目馬鹿女っぷりでむしろ興味深かった。
悲劇という印象、女性は被害者という印象をこの作品の視聴者がなんとなく持っているのを分かって、あえて変えてきた。挑戦してきた。それが良い。女がいつも悲劇の主人公だと思ったら大間違い、今回はよくいる馬鹿女が主人公だぞ、と。何でも自分に対する僻みだと思い込み、ヒステリックですぐに他人を見下す、まぁよくいるウザ女の典型だったな。
話の筋もそう。毎回捻って楽しませてくれたが、今回は驚くほどそのままできた。いつもは最後の10分で「そうだったのかー!」となるのだが、今回はAパートで大体見せてくる。捻るのか?ここから捻ってくるか?と身構えていたので、多少肩透かしを食らった感はあるが、これはこれで良いんじゃないかと思う。

化猫話としても、変えてきた。前回はよくしてもらった主人の怨念を晴らす話だけれども、今回は「人間の血を舐めて」化猫化する展開。古典だわな。

出てくる登場人物がみんな普通の人間で、黒い権力者、長いものには巻かれろ主義者、適当なことばっか口走る人間、など、人のエゴがよく描かれていて気持ち悪い話だが面白くはあった。
「滅!」で終わった時は笑ってしまったが、Cパートは良かった。綺麗に纏まったと思う。

自分がモノノ怪で好きだったのは、座敷、次に鵺、のっぺら、次にこの化猫で、唯一あまり好きではないのが海坊主だった。
しかしスタッフの皆様、最後まで頑張ってくださり有難うございました。
どれもこれも美しく、素晴らしい美術と演出でした。

|

« 村樫逆転勝利の雄叫び・北海道物産展再び | トップページ | メロン魔女大戦3 最終章 »

コメント

1話から9話までは「もののあわれ」が描かれていて
その強烈な悲しみに心打たれたが、この10話からの化猫には
それがない。
ヨコテ・ミチコ老いたりと思った。がっかりだった。
9話までが最高だっただけに残念だ。

投稿: ふ | 2010年5月 8日 (土) 00時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111788/16600765

この記事へのトラックバック一覧です: モノノ怪 化猫大詰め 最終回:

» モノノ怪 第12話(最終話)「化猫 大詰め」感想もどき [気ままスペース]
[[attached(1,center)]] ||#ffffffstyle=font-size:30px;color:red``さぁ、あなたの番だ。皆、待っている…。|| {{{  うおおおおおおおおおお。最終かいっ! 最終回だからだろうか。演出がヤバイ。すごい。言葉でいえない><  流血薬売りと笑顔薬売りがヤバイヤバイ。なにかと流血も好きな私にはストライク(´∀`)でもって、薬売りが傷受けたのも、初でしたな。あの髪のなびきがキレイでした(´..... [続きを読む]

受信: 2007年9月28日 (金) 21時13分

« 村樫逆転勝利の雄叫び・北海道物産展再び | トップページ | メロン魔女大戦3 最終章 »